妊娠中、授乳中のかたにおすすめのデカフェ紅茶

はたみ
はたみ

妊娠中や授乳中のカフェインって気になりませんか?

カフェイン摂取については厚生労働省のWebページでこのように書かれています。

カフェインを過剰に摂取した場合には、中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気等の健康被害をもたらすことがあります。
 このため、食品からのカフェインの摂取に関しては、国際機関などにおいて注意喚起等がなされています。例えば、世界保健機関(WHO)は、2001年にカフェインの胎児への影響はまだ確定はしていないとしつつも、お茶、ココア、コーラタイプの飲料はほぼ同程度のカフェインを含んでおり、またコーヒーはその約2倍のカフェインを含んでいることから、妊婦に対し、コーヒーを1日3から4杯までにすることを呼びかけています。 また、英国食品基準庁(FSA)では、2008年に妊婦がカフェインを取り過ぎることにより、出生時が低体重となり、将来の健康リスクが高くなる可能性があるとして、妊娠した女性に対して、1日当たりのカフェイン摂取量を、WHOよりも厳しい200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)に制限するよう求めています。

 同様に、カナダ保健省(HC)においても、2010年に1日あたりのカフェイン摂取量として、健康な成人で400 mg(コーヒーをマグカップで約3杯)まで、カフェインの影響がより大きい妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は300mg(コーヒーをマグカップで約2杯)までとされています。 
 なお、カフェインを一生涯摂取し続けたとしても、健康に悪影響が生じないと推定される一日当たりの摂取許容量(ADI:Acceptable Daily Intake)については、個人差が大きいことなどから、日本においても、国際的にも設定されていません。

厚生労働省Webページより

過剰に摂取しなければカフェイン入りの飲み物を飲んでも良いということですが…「気になる人には気になる話だよね~」ということで、私も過剰に気になってカフェインレスを心がけていました。

はたみ
はたみ

しかし何を隠そう、私は大の「紅茶」好きです。妊娠前は一日マグカップに5杯以上紅茶を飲んでいました。

よって、私の妊娠中のストレスは大好きな紅茶が飲めなくなることでした。

「 何とかしなくては 」といろいろ探してためしていた中でおすすめのデカフェ紅茶を紹介します。

アーマッド デカフェ アールグレイ(100包)

デカフェ紅茶は普通の紅茶に比べて値段が割高です。その中でこのアーマッドのデカフェ紅茶はお値打ちでした。ティーバッグも個包装されており香りも保たれています。100袋入っていますが消費期限内であれば飲み終わるまでしっかり香りや味は保持されました。

ケンコーコムで購入するときは3500円以上購入すると送料無料になるので3箱同時に購入したり、他のデカフェ紅茶をためし買いしたりしていました。

ティーブティック やさしいデカフェシリーズ

こちらはアーマッドに比べると割高なのですが、香りが良くて満足度の高い商品です。自分へのご褒美用に常備していました。

こちらは、比較的ドラックストアやスーパーなどにも置いてあることが多いです。

一つだけ試しに買おうと思うと送料でさらに割高になってしまうので、セットで買うのがおすすめです。

はたみ
はたみ

好みはあると思いますがおすすめは「アールグレイ」です

カフェインの子供へ影響は未知ですが、代替品で満足できるものがあればそちらのほうが安心ですよね。

妊娠、授乳中ではない方も、夜に飲む紅茶にお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました