デカフェ、カフェインレス、ノンカフェイン 何が違うの?

はたみ
はたみ

カフェインの含有量を表しているんだろうけど…どう違うのかな?

それぞれ、言葉の意味をしらべてみました。

デカフェ

本来カフェインを含んでいる飲食物からカフェインを取り除いたり、通常はカフェインを添加する飲食物にカフェインの添加を行わないことで、カフェインを含まなくなったもののこと。

カフェインレス

元々カフェインが含まれている飲み物の中で、カフェイン含有量が少ないもののこと。

ノンカフェイン

カフェインが含まれていない飲み物のこと。

つまり、デカフェとカフェインレスには微量ながらカフェインが含まれており、ノンカフェインには全く入っていないということですね

日本では何%カフェインが取り除かれていたらデカフェなのかという基準がまだありません。そのため、デカフェと称して販売されている飲料のカフェイン含有量は商品によって幅があるようです。

実際デカフェ商品を購入してみると「カフェイン0.00g」などの表記がなされており、含有量を確認することができます。

また、カフェイン除去の方法の中に化学物質を用いたものもあるのですが、日本では薬品を使ったデカフェ製品の販売は禁止されているので、危険なものは出回っていません。

はたみ
はたみ

日本で購入できるデカフェ製品は安全な製法のものだけなので安心ですね。

日本ではあまり出回っていないカフェインレス商品ですが、自分が妊娠、出産を経験してカフェインレス飲料の重要性を痛感しています。カフェインを摂取したくないけどコーヒー、紅茶、ウーロン茶、緑茶などを楽しみたい人にたくさんの商品の選択肢ができるといいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました